詩集

ポケモン剣盾.シングル

【供養】拘りスカーフポリゴンZ+クイックターンアシレーヌ

【はじめに】

   シーズン11<10/01(木)~11/01(日)>にて使用するつもりで調整していたが、来シーズンから使用禁止枠が設けられランクバトル環境の大きな変化が予想されるため没とした構築。

   かなり真面目に考察して調整していたため記録として残すこととした。以下簡潔に。

 

【構築経緯】

   "拘りスカーフ"ポリゴンZからスタート。攻撃面での補完が抜群に良い"拘り鉢巻"一撃ウーラオス。一貫した格闘に対する引き先として*クイックターン*アシレーヌ。ゴリランダーミミッキュが若干重めであると感じたため、それらに対する圧力を持ち汎用性が高いエースバーンとハッサム。構築にゴーストタイプが必要だと感じ、パッチラゴンがかなり重たくなっていたためミミッキュを加えて一旦の完成としていた。

 

【単体紹介】

ポリゴンZf:id:mikanpoke:20200825221913j:image@拘りスカーフ

特性:適応力   性格:臆病

破壊光線/トライアタック/悪の波動/トリック

173(100)-a-95(36)-178(180)-96(4)-147(188+)

☆ダイアタックor破壊光線でh252d4振りカバルドンを確定1発
♢a189ドラパルトのダイドラグーンを確定耐え
♢D>B
◎s.最速ギャラドス+1

 

   構築の軸であり、対面性能の高さが魅力的。ダイアークによる特防ダウンや*トリック*を駆使することで受けの駒にもある程度抗うことができる。

   ダイアタックによる素早さダウンが本当に優秀で、ダイマックスによる耐久上昇と"拘りスカーフ"を駆使することでストッパーとしても機能しやすかった。

 

アシレーヌf:id:mikanpoke:20200826075121j:image@オボンの実

特性:激流   性格:呑気

ムーンフォース/クイックターン/滅びの歌/守る

187(252)-94-137(244+)-146-138(12)-69*

♢a184エースバーンのリベロ*130技を最高乱数切り2発耐え(~117/233)
♢D>B
◎s.無振り50族-1 ※素早さ個体値24~25

 

   ウーラオス入りに必ず選出する。ウーラオスポリゴンZに対して*インファイト*で攻撃した場合は追加効果によって耐久が下がるため、*クイックターン*と*トライアタック*で綺麗に落とすことができる。

   *滅びの歌*による詰めと流しが特に優秀であり、後発に置いても腐りにくかった。

 

一撃ウーラオスf:id:mikanpoke:20200825222002j:image@拘り鉢巻 ※キョダイ個体

特性:ふかしの拳   性格:慎重

暗黒強打/インファイト/雷パンチ/蜻蛉返り

175-155(36)-120-c-121(236+)-147(236)

☆ダイサンダーでb4振りリザードンを確定1発♢D>B

◎s.最速ギャラドス+1

 

   ポリゴンZで倒せないハピナスラッキーやラプラス、HDポリゴン2入りに対して構築単位で負荷を掛けられる駒として採用。刺さる構築にはとことん刺さるが、やはりダイジェットに対する行動保証を持たないため初手には置き辛く選出できない対戦も多かった。

   受け出されたギャラドスに対して強引に居座るために素早さのラインをかなり引き上げたが、攻撃力を削った弊害の方が大きいように感じている。

 

エースバーンf:id:mikanpoke:20200825222048j:image@食べ残し ※キョダイ個体

特性:リベロ   性格:陽気

火炎ボール/思念の頭突き/怒りの前歯/挑発

183(220)-145(68)-96(4)-c-109(108)-168(108+)

〇h.8n-1
☆キョダイカキュウでh4振りミミッキュを確定1発
♢a172ドラパルトの拘り鉢巻*ドラゴンアローを確定耐え
♢c152ドラパルトの拘り眼鏡*流星群を確定耐え
◎s.最速100族+1

 

   ゴリランダーミミッキュに対して明確に圧力を掛けられるエースバーンの採用は確定した。受けの厚い構築に対してはこのポケモンを用いた物理による役割集中を狙う。

   物理受けを崩すだけであれば特殊型や両刀型が適しているが、それらの型は充分に認知されているためケアされる可能性があり、ダイマックスを必ずとも必要としない汎用性のある型を選択しようとした結果このような構成となった。*挑発*は本当に強力であったがその他の技選択や配分には一考の余地がある。

 

ハッサムf:id:mikanpoke:20200825222120j:image@気合いの襷

特性:テクニシャン   性格:勇敢

バレットパンチ/蜻蛉返り/カウンター/堪える

159(108)-198(236+)-120-c-121(164)-69*

〇h.16n-1
☆a.11n
♢c157フォルムチェンジロトムの10万ボルトを2発耐え
♢D>B
◎s.無振り50族-1 ※素早さ個体値14~15

 

   最も選出しやすい型を選択した。アシレーヌゴリランダー対面における引き先と対面駒を兼ねる。"気合の襷"と*堪える*でトゲキッスダイマックスを枯らし、*バレットパンチ*で縛る動きをかなり多用した。"拘り鉢巻"ゴリランダーの*10万馬力*が受からない点を除けば文句無しの性能であった。

 

ミミッキュf:id:mikanpoke:20200825222136j:image@アッキの実

特性:化けの皮   性格:意地っ張り

じゃれつく/ドレインパンチ/影うち/剣の舞

149(148)-154(236+)-104(28)-c-126(4)-128(92)

☆+2*ドレインパンチでh244b12振り進化の輝石*ポリゴン2を確定2発(96~)

♢a184エースバーンのリベロ*アイアンヘッドをアッキの実*発動で確定耐え
♢c189トゲキッスの一致*130技を確定耐え
◎s.準速75族+1

 

   ポリゴンZを軸とするうえで構築にゴーストタイプが必要であると感じたため、その中からパッチラゴンミミッキュに弱くない駒を選択した。構築の安定感が格段に上がったうえ、ポリゴンZダイマックスを切ってこのポケモンと*滅びの歌*アシレーヌで逃げ切る先行ダイマックス戦術が取れるようになった。

 

【終わりに】

   8世代に入ってからはランクバトルに取り組む機会が極端に減ったため記事を書くことも無くなってしまった。1ヶ月のスパンと度重なる環境の変化に適応していくことは正直かなり辛いが、全員が同じ条件で取り組んでいるため泣き言を言っても仕方がない。シーズン11こそは頑張る。